■ 道路元標が行く。について


 ◆ 道路元標とはなんぞや?

 端的にいえば道路の基準位置を定めた標石。現在では測量の基準点としての三角点などは知られているが、その道路版とでも言おうか。現行の道路法でも道路の付属物として定められており、有名な東京・日本橋の車道のど真ん中に埋め込まれてるヤツなんかはその1例ということになるのかねぇ(現行法での解釈としてこれでいいのか悩み中)。

 で、このコーナーでの主役とでも言うのが、実質的に大正8年の旧道路法施行令の遺物と化してしまった、市町村の道路元標である。こいつの第9条に「道路元標は各市町村に一箇を置く」と定められたわけで、さぁ大変。各県より元標の位置を定めた告示が出され、日本全国津々浦々、当時1万を優に超える市町村にボコボコと元標を建てることになったわけである。その役割は冒頭の表現を使うなら、各市町村における道路の基準位置を示す標石ということになる。(多少の差はあれど)仕様もほぼ全国的に統一された。さらには市町村合併や町村制施行がある都度、元標位置を定める告示が出たりしているので、けっこうマメにメンテナンスされていたようである。この時代が道路元標が法令的にも整備的にも最ももてはやされた全盛期といっても過言ではない。

 ところが、第二次世界大戦後の現行の道路法のもとで一気に遺物化。先述のとおり、道路の付属物として定めるという扱いは新道路法にも引き継がれたが、施行令では設置についての規定がなくなってしまった。つまるところ、道路元標はタダの「道路の基準位置を示す」物体として存在するだけで、それをどこに置くかという規定がなくなった。この時点で全国津々浦々に設置されていた道路元標のほとんどは「各市町村に1個設置」という根拠がなくなり、道路の付属物とすら認められてるのか定かでないようなただの石ころなってしまったのである。存在価値を失った元標たちは風化し、荒れてゆき、市町村合併や道路工事などであっさりと撤去されてゆく。

 でも、運良く街や村の片隅で生き残るものもある。それを見つけておもしろがってるうちにどっぷり浸かってしまう奴もいる(俺もその1人?)。学術的、歴史的価値を見いだして保存する自治体も増えているのだが、いまひとつ認知度が低いというか、超マイナーすぎて、一般市民の大半は見向きもしないのである。わははは。

 …となると、1万の元標が一気にぼこぼこ建てられたものが戦後撤去されまくり、半分くらい残ってりゃ上々…という気もするが、これまでにいろんな方々が全国津々浦々の元標を見つけまくった結果、2010年頃には実際はさらにその半分以下の2000箇所がいっぱいいっぱいではないか、という状況が見えてきた。てか、さすがに8割も撤去されるなんてのは考えにくく、計画倒れに終わってもともと設置されなかったところも相当数あるに違いない、との見解に至っている。つまり、律儀に作った県では大量に残っている一方で、そもそも1個も設置しなかった県もあるということで。奥が深いのだ。



 ◆ 道路元標を探す人たち

 …というような感じで日本のどこかで残っている道路元標をたまたま見つけ、他にもあるのかと探すウチに元標探し(もはや「狩り」)に人生捧げてしまうようになる人たちは少なからずいるのである。自分の住む県内を10年以上かけて探し回ったあげく、本にまとめて自費出版してしまった人生の大先輩方もいらっしゃる。決してメジャーにはならないが、誰かがどこかで探してるものらしい。ハマる人にはハマるのである。

 でもまぁ、残り具合には地域差が大きい。宝庫というくらい残っている場所もあれば、逆に引っこ抜くように通達出したんちゃうか?といいたくなるくらい残ってない場所もある。なので、全国のどこにでも狩人が出没するかというとそうでもない。

 まぁ、探してる人を見かけたら暖かく見守ってやって下さいな。



   ◆ 大義名分やらなんとやら

「調べる!漁る!撮る!載せる!」

 ただ道路元標探しにハマってしまい、手が付けられないのでコーナー作ったれや!ということで、オリジナルなネタではないのに作ってしまった。これを始めた当時は他に道路元標を扱ったサイトが存在していたが、いつのまにやらなくなってしまった。やはり元標を扱うところもあちこちに増え始めたが、もしかして現存してるサイトではウチが最も古いってことになるのか?

 一概に道路元標というとかなり広義で、いろんな時期に制定されたいろんな仕様のものがあるが、通常というか元標を探して歩く人たちが狙っているのは旧道路法に基づく各市町村に設置したもので、本コーナーも主役はこれ。小さな町や村の元標ほど気合が入ってます。つまり誰もが知っているような日本橋のヤツなどはいまさら独自調査する必要もなく、ここでは無価値に等しい扱いしかしないことは了承頂きたい。

 ま、そんなわけでエリアを限定せず、あるものはひたすら取材してきて載せていくという、世間一般の人間には理解しがたく、俺自身ゴールが見えるはずもなく、めたらやたら途方もないことを延々とやっていこうというのがこのコーナーである。



 ◆ 掲載方針

 大原則。とにかく、自力で取材したものしか載せません。

 写真等送付頂きましても、俺自身が行って確認しなければ載せません。何で「○○村道路元標」を載せてないの?と言われても、俺自身が行って確認しなければ載せません。写真撮ってなくても、自分が行って確認してればとりあえず載せます。

 位置情報はびっしり出します。ただ、道路元標を探すなら自力で探してなんぼという人(というか、そこが醍醐味だとは思う)で、位置情報出されるとつまんない、という方は地図表示さえしなければ問題ないと思います。情報が必要な人にまで無差別に隠すような意味不明な堅物オヤジのようなマネしてもしょうがないのである。



 ◆ データ等の使用について

 もちろん、内容の妥当性について保証しませんし、責任も負いません。
 で、「国道901号」のトップにも記載しましたが、

 ・ 901号で管理しているデータ自体の利用は可。
 ・ レイアウト等、表現手法の無断パクリは理由を問わず不可 。

 これくらいは守ってくださいな。たのんます。



道路元標が行く。トップへ
国道901号トップへ