[海外] 大韓民国
  
 北朝鮮設置の道路元標

朝鮮戦争の時期に北朝鮮の支配下で設置されたと思われる道路元標

・以前は日帝強占期(日本統治時代をそういうらしい)にできたという認識で、
 鉄原郡のものは2020年頃までは案内板にもそのように記載されていた

・901号管理人の解釈としても北朝鮮による設置と考えている
  →朝鮮道路令では邑や面の単位で設置とあるが、郡の単位で設置されている
  →日本語ではなくハングルによる表記
  →記載の地名が北方向が多い



(旧)鉄原郡道路元標

現在位置  [地図表示]

강원특별자치도 철원군 철원읍 금강산로 265
(江原特別自治道鉄原郡鉄原邑金剛山路)
조성노동당사
(朝鮮労働党舎)

Comments:
朝鮮戦争までの鉄原郡の中心地だった場所
現在の韓国道路法による鉄原郡元標は新鉄原にある
(現)鉄原郡道路元標

2020年以降に北朝鮮によるものとの認識で一致したそうで
案内板の「日帝強占期に設置」の記載が削除された

▲ 案内板(2019年)

▲ 案内板(2024年)



(旧)金化郡道路元標

現在位置  [地図表示]

철원특별자치군 김화읍 암정리 20-1
(江原道特別自治鉄原郡金化邑岩井里)


Comments:
朝鮮戦争までの金化郡の中心地だった場所
民統線(民間人統制線)内にあるため、
山昌里のDMZ生態平和公園のツアーに参加する必要あり
※ 2024年現在、要電話予約、参加車両の登録必要
※ ただし道路元標の見学時間がとれるかの保証なし...


大韓民国トップへ

道路元標が行く。トップへ
国道901号トップへ